未分類

ソニーからすごいデジタルカメラが発表になりました。

・35mm換算でフルサイズのCMOSセンサー
・20枚/秒の超速連写
・小型軽量
・4K動画撮影

という、スペックだけ見るとベラボーな機種です。

スポーツを撮ることがある人なら、(カーリングとかでない限り)連写はあるだけよこせな機能で、スポーツカメラマン御用達のNikon、Canonのテッペンでも、12枚/秒であり、まぁそれでもとんでもないんですが、それを遥か ...

PC・Mac

PCを使う上で避けて通れないマウスとキーボード。
みなさんどんなものを使っているでしょうか?

弘法筆を選ばず、なんていいますが、弘法大師でもなんでもない凡百の我々は、その道具選びも業務効率の向上のためならある程度しないとなりません。まして、画像処理を日々しているような業種では。

Webデザイナーなんていうインチキ商売やってると、どうしても画像を切り抜いて合成するようなことが発生します。曇った日に撮影した建物と晴れた空を合成するとか。

スポーツ, バレーボール, 未分類

年々レギュラーシーズンが短くなってる気がするV-プレミアリーグ、今回はとどろきアリーナにやってまいりました。
このところのとどろきアリーナはなかなかアリーナ席のチケットが取れず、個人的には珍しく2階指定席での観戦となりました。
が、観戦するにも撮影するにも、1階アリーナ席より2階スタンド席のほうが見やすく撮りやすいということに気づいてしまいました。
相対的に低い1階アリーナだと、審判だったりがどうしても邪魔になることがままあるんですが、2階だとそ ...

スポーツ, バレーボール, 写真

さてはて、V-プレミアリーグ2016-17 川越大会の写真をアップしました。

まずは東レアローズ vs JTマーヴェラスです。
木村姉妹、似てるときはやっぱ姉妹だなぁと思うときもあるけど、とにかく表情が姉以上に千変万化で、もはやその七変化ぶりは顔芸といって差し支えないレベル。
気合い入ってるときなんて殺し屋みたいなすごい顔してますからね。

さておき、この試合は、JTマーヴェラスが3-0で勝っています。(選手ごとのスタッツはこちら) ...

スポーツ, 写真, 未分類

先週の土日、国立代々木体育館に行ってきました。
お目当ては、そう!山Pのライブです!

なわきゃーない。
あっちは華々しく代々木第一体育館(13,000人収容)。
かたやこっちは代々木第二体育館(3,200人収容)です。

この季節、この場所といえば、そう!
全日本総合バドミントン選手権大会でございます。
今年は記念すべき第70回だそうですが、記念らしきなにかはなにもない、8年前にオグシオペアの最終戦を見に来た ...

スポーツ, バレーボール

今季2回目の観戦は川越総合運動公園体育館。
いったいどのチームのホームゲームなのかわかりませんが、たぶん、上尾メディックスのホームゲームで、上尾市民体育館がV-プレミアリーグの規格を満たしていないために代わりに用意した体育館なのだと思います。昨年度はさいたま市記念総合体育館がそんな感じでした。で、上尾メディックスがプレミアリーグからいなくなってしまったため、辺鄙な場所での開催だけが残ってしまったのでしょう。迷惑な話です。

埼玉での開催は、昨年度のさい ...

スポーツ, バレーボール, 写真

はてさて、今年もV-プレミアリーグの季節がやってまいりました。
今年はバレーボール国内リーグ創設50周年という記念の年であり、結構な予算をかけて趣向を凝らした各種イベントやら取り組みやらが始まっております。

先だって公表された、バレーボールの実質的なプロ化となる「スーパーリーグ(仮称)」の創設に向け、現行のVリーグの枠組みで行われるのは今シーズンを含め2シーズンとなります。このスーパーリーグについてはまた触れることもあるかもしれませんが、とりあえず置 ...

スポーツ, バレーボール, 写真

2016年ワールドグランプリも京都大会が終わり、いよいよオリンピック代表を決めねばならない時が来てしまいました。
その試金石たる大会だったわけですが、不安だったのは、20点を取ってからの勝ち方。
強いチームは、20点を取ってからまごつかないのですが、今大会は20点までは比較的するすると行けるのですが、そこから連続ブロックに捕まる、レセプションが乱れがちになる、自分からスパイクをミスるなど、どうやって20点までリードしてきたんだかわからなくなるような、まる ...

スポーツ, バレーボール, 写真

カザフスタン戦に続いて、試合には惜しくも敗れたもののオリンピック行きを決めたイタリア戦のフォトをアップしました。
古賀紗理那20歳の誕生日でもあったあの日です。
イタリアというと、やはりピッチニーニではありますが、彼女も今年で37歳。
いや、その年齢で、しかもスパイカーで代表チームに帯同できることがもうすごいんですが。
今大会での出番はほぼなかったようですが、その存在感は確かに感じられました。

イタリアもオランダもそうなんです ...

スポーツ, バレーボール, 写真

男子は残念な結果となりましたが、女子は、不安を残しながらもオリンピック出場を決めました。
カギは、古賀の覚醒と見ています。
実績のある石井はある程度読めるのですが、古賀が思い切りのいいプレーで勢いをつけられれば、停滞したときの突破口となれる可能性があるでしょう。
ロンドンのときの迫田や江端のような活躍ができればいいんですが、彼女、妙に頭がいいというか、技術に走ることがあるんですよね。
もちろん真っ向からの力勝負だけで勝てる相手などほぼいな ...